ボイストレーニング

【ボイトレ基礎】簡単に習得できる腹式呼吸の練習方法、初級編。

トキ
トキ
ボーカルコーチのトキです。歌い方ラボにお越しいただきありがとうございます。

今回は、簡単に感覚を掴める腹式呼吸の身につけ方を解説していきます。

腹式呼吸が出来るか出来ないかで、声の力が大きく変わってきます。

もちろん、腹式呼吸が出来なくても素晴らしい声の方はたくさんいらっしゃいます。

ですが、腹式呼吸が出来ると声のパワーが上がり声量もアップ、胸式呼吸よりもたくさんの息が吸えるのでロングトーンが出来るようになったり、さらには声の支えが出来るのでピッチも安定しやすくなります。

【ボイトレ基礎】簡単に習得できる腹式呼吸の練習方法、初級編。

腹式呼吸とは?

呼吸法には胸式呼吸腹式呼吸があります。

胸式呼吸は肺の前方に息を入れるため胸部が膨らむ呼吸法です。

腹式呼吸は肺の下部に息を入れていくため腹部が膨らむ呼吸法です。

腹式呼吸が歌う時に良い理由とは?

胸式呼吸で膨らむ肺の前方に比べて腹式呼吸で膨らむ肺の下部の方がより膨らむので、その分沢山の息を吸うことが出来ます。

さらに肺の下部を下げると横隔膜が下がり、息を吐く時=声を出す時に横隔膜の力を使って声を出すことが出来ます。

横隔膜横隔膜の力を使って声を出すと沢山のメリットがあります。

  • 喉に力が入りづらくなり負担がかかりづらくなる
  • 声量が増える
  • 力強い声が出せる
  • 息が長くなりロングトーンが出せる
  • 声の支えを作ることができる

が主な理由です。

声の支えについて、解説と練習方法についてはこちらの記事でまとめています。

【ボイトレ基礎】エッジボイスを使った声の支えを作る練習方法!ミドルボイスの息漏れも解消

 

トキ
トキ
声に支えがあると声を安定させたまま声に強弱(ダイナミクス)をつけられるのでミドルボイス(ミックスボイス)も出しやすくなりますよ。

腹式呼吸が出来ているかの確認方法

それではまずは、腹式呼吸ができているかを確認してみましょう。

胸に手を当てて息を吸ったり吐いたりしてみます。

胸に当てた手が少しでも動いたら、それは残念ながら腹式呼吸ではなく胸式呼吸です。

腹式呼吸をするとお腹と胴回りが動きます。

腹式呼吸で息を吸うと、横隔膜が下に下がり、吐くと上に上がります。

トキ
トキ
横隔膜がポンプのような役目をしているんですね。

そしてこの横隔膜の働きが発声ではとっても重要になってきます。

むしろ横隔膜を働かせることが重要なので腹式呼吸を行う、と思っていただいた方が意識しやすいと思います。

それではここから、この腹式呼吸の感覚を簡単に掴めるメソットをお伝えします。

腹式呼吸の練習方法

①仰向けで鼻呼吸

仰向けに寝て、リラックスした状態で何も考えずに鼻呼吸をします。

ポイントは、リラックス、口は開けない、鼻呼吸、です。

人間は眠ってる時は自然と腹式呼吸になっています。なので、このまま眠る、ぐらいの感覚で仰向けになって鼻で呼吸をしてみましょう。

何度か呼吸をしたら、呼吸をしながらお腹に手を当ててみてください。おへその上あたりです。

上下に動いてますよね?これが腹式呼吸です。胸に手を当てると、上下しないはずです。

次は、この自然とできた腹式呼吸でもっとたくさん息を吸ってみましょう。

口は閉じて、鼻から吸いましょう。

少しずつ吸う時の力を強くしていき、吸えるところまで吸ってみてください。

吸えるところまで吸ったら、スーッと鼻から吐きます。

吐く時は全身を脱力する感覚で、1秒もかからないぐらいで吐きましょう。

何度か繰り返して感覚を覚えます。

②ハミング

さらに次は、吸えるところまで吸ったら、息を吐く代わりにハミングをしてみましょう。

口を閉じたまま

「m~~~~~~」

と、ハミングの音を伸ばします。3~5秒ぐらいです。

喉に力が入らないようにリラックスしましょう。息が鼻から抜けていることを意識して下さい。

息が鼻から抜けている感覚がつかめない場合は、鼻の下に手を当て、鼻息を吐いてみて下さい。その鼻息にハミングの音をのせます。

これも何度か繰り返して感覚を覚えます。

③横隔膜の確認

そして慣れてきたら、

「m~~~~~~」

と音を出している時のお腹の感覚を意識してみてください。

横隔膜のポンプがしっかり働き、声を出す動きをしています。お腹の中にある横隔膜が、吸った息を上に押し上げている感じです。

つかめましたか?

もし、この感覚がつかめなかった場合は、ハミングの音を出すときに喉に力を入れてしまっている可能性があります。

その場合は、お腹(横隔膜)と鼻だけを意識し、それ以外はただの息の通り道だと思ってやってみて下さい。

まとめ:【ボイトレ基礎】簡単に習得できる腹式呼吸の練習方法、初級編。

腹式呼吸の練習方法ですが、

①仰向けで鼻で呼吸
②だんだん深く吸う
③吐く息にハミングを乗せる
④横隔膜の動きを確認をする

の順番でやってみて、しっかりできているかを確認してみてください。

次回は、ティッシュを使って横隔膜のポンプを鍛える方法をお伝えします。

参考にしていただければ幸いです。

トキ
トキ
いかがでしたでしょうか?しっかり腹式呼吸が出来ると、シャウトしたりロングトーンを出せたりと、幅が広がりますよ。

腹式呼吸を強化する練習方法はこちらの記事でまとめていますで合わせて読んでみてください↓

【ボイトレ基礎】腹式呼吸を強化!ティッシュ・ブロウで横隔膜を鍛える

トキ
トキ
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

Related Posts