ボイトレ

【ボイトレ基礎】ベルティングボイスとは?ミックスボイスとの違いは?

トキ
トキ
ボーカルコーチのトキです。【歌い方ラボ】にお越しいただきありがとうございます。

ここ数年でよく耳にするようになった『ベルティングボイス』という言葉をご存知でしょうか?

歌について勉強している方は聞いたことがあるかもしれませんが、「ベルティングボイスは高い声を出す歌唱法」と言われています。

そうすると、「ミックスボイスとの違いは何?」という質問が出てきますよね。

ミックスボイスについてはこちらの記事をご参照ください。

・【ボイトレ基礎】ミドルボイスとミックスボイスの違って、結局何?

ということで今回はベルティングボイスとは何か、ミックスボイスとの違いについても解説していきます。

ベルティングボイスとは?

ベルティングボイスは英語で『Belting voice』と書きます.

意味は『Belt』(ベルト)『ing』(している)『voice』(声)です。

ベルトしている声って何??って思いますよね?

ベルトという英語は、腰につける『ベルト』の意味以外に、『突っ走る』『ひっぱたく』という意味もあるんです。

この意味を元に『ベルトしている声』を改めて想像してみましょう。

いかがですか?なんとなくわかった方もいると思いますが、

『ベルトしている声』『勢いよく出している声』という意味で捉えるのが一番近いと思います。

そしてベルティングボイスとは、

通常の地声では発声できない高音域を地声で発声する声を指します。

マライア・キャリーの高い声を想像してみてください。

あの声がベルティングボイスです。

参考動画を貼っておきます。

名曲「Emotions」をライブで見事に歌い上げるマライア・キャリーの動画ですが、

D5〜F5付近の高音部分を張り上げるように歌っています。

あの声がベルティングボイスです。

ちなみに、同じくパワフルな高音が特徴のビヨンセですが、彼女はミックスボイス(裏声を強く太く響かせる発声方法)で歌っているので、マライア・キャリーのベルティングボイスとは少し違います。

こちらも参考動画を貼っておきますね。

こちらはビヨンセの代表曲である『Listen』です。

歌唱力を見せつけるにはもってこいの曲なので、何かのオーディションやコンクール等で歌う方も多いですよね。

この動画の0:54秒からの高音は、地声のようにパワフルですが、ミックスボイスです。

さて、ここで「ベルティングボイスもミックスボイスも一緒じゃん!」と思った方もいると思います。

地声では出せない高音域を歌う歌唱法であるミックスボイス。

ベルティングボイスとは何が違うのでしょうか?

解説していきます。

ベルティングボイスとミドルボイスの違いとは?

ベルティングボイスとミドルボイス、どちらも高音域の発声法ですが、何が違うのかというと、

  • ベルティングボイスは地声です
  • ミックスボイスは裏声です

ミックスボイスについてはご存知の方も多いと思いますが、

「裏声を地声のように太く強く発声するテクニック」

と解釈している人が多いと思います。

人によって解釈はそれぞれですが、

「ミックスボイス=裏声」という解釈が一般的になっています。

それに比べてベルティングボイスとは

「通常の地声では出せない高音域を地声で発声するテクニック」

ということになります。

じゃあどうやって、通常の地声では出せない高音域を地声で出すのでしょうか?

ベルティングボイスの発声原理を解説していきます。

ベルティングボイスの発声原理

ベルティングボイスを発声するには、声帯を薄く引き伸ばす必要があります。

例えば、ギターの弦を想像してみてください。

ギターの弦はチューニングと言って、弦の貼り具合を調整して音程を合わせます。

弦を引っ張っていけば音はどんどん高くなります。

逆に弦を緩めていけば、音は低くなります。

この、ギターの弦と同じように、声帯も引っ張れば音が高くなるんです。

声帯を引き延ばした状態で歌うと、

通常の地声では出せない高音域を歌うことができます。

まとめ:【ボイトレ基礎】ベルティングボイスとは?ミドルボイス(ミックスボイス)との違いは?

まとめると

・ベルティングボイスは通常の地声では出せない高音域を、地声で発声するテクニック

・ベルティングボイス地声であり、ミックスボイスは裏声である

ということになります。

どちらも、しっかりと強い高音を発声するには横隔膜のポンプを鍛える必要があります。

横隔膜のポンプの強化方法についてはこちらの記事でまとめています。

・【ボイトレ基礎】腹式呼吸を強化!ティッシュで横隔膜を鍛える

余談

ここからは余談になりますが、ベルティングボイスの定義において、女性にしか出せない発声法だと解釈している人もいますが、そんなことはありません。

男性でも出せます。

実際に男性でもベルトしてる声は沢山あります。

例えばブルーノ・マーズの高音は、見事なベルティングボイスだと思います。

こちらに参考動画を張っておきます。

ブルーノ・マーズの名曲『Versace on the Floor』ですが、0:49あたりからの声がベルティングボイスです。

音はB4からD5まで出しているので、ほとんどの男性の地声では出せない高音ですよね。

この音域をあれだけ強く太く発声しているのは、間違いなくベルティングボイスです。

さらにこんな凄い歌声の方々もいます。

アンソニー・エヴァンスとビル・キャンベルというアメリカ人シンガーの2人ですが、1:47からの2人の歌声は、通常の地声では出せない高音域を、とても力強く発声していますよね。

これは、まさにベルティングボイスです。

ちなみにですが、ベルティングボイスが出せるようになると、つい高い曲ばかり歌いたくなってしまいますが、歌で重要なのは高い声だけではありませんので、その辺りはしっかりとバランスを取っていきましょう。

どんなに高音が凄いシンガーでも、ずっと高い声ばかりで歌われてしまうと、聴く側は疲れてしまいます。

トキ
トキ
重要なのは、どれだけ聴く側に良いと思ってもらえるか、感動させられるか、自分の歌や歌詞を伝えられるかだと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

Related Posts